1. ホーム
  2. クレジットカード
  3. カードをつくる
  4. セキュリティについて
  5. カード犯罪の手口

カード犯罪の手口

カードで不正使用される手口をご案内してます。こんな手口にご注意ください。

スリ・盗難にご注意ください

電車内、駅などでの盗難(仮睡盗)

深夜に電車内や駅構内で眠り込んでしまったとき、スリはそんなあなたを狙っています。
眠って意識のない人から物を盗むほど容易なことはありません。周りに人がいれば、スリもなかなか手が出せないでしょうが、ひとたび駅構内や車内に人気がなくなり、「あなたとスリだけになったら」、「しかもあなたが、熟睡していたら」、カードが入った財布ごと抜き取られてしまう被害が発生しています。
財布などは上着の内ポケットにしまってボタンをかける、カバンに入れるときも奥のほうにしまって、しっかり口を閉めるなど、容易に取られないようにしてください。

駐停車中の車からの盗難(車上盗)

貴重品とともに、カードやETCカードを車内に置きっぱなしにしていませんか?
ロック忘れはもちろんですが、ロックをしても、プロはたくみにドアを開けたりして、中のものを盗んでしまいます。
リモコン式のドアロックも安全とは言えません。貴重品は必ず車外に一緒に持って出てください。

飲食店などでのスリ

食事中、椅子やハンガーにかけた上着、カバンをスリは狙っています。お食事やお友達との会話に夢中になっているすきに、カードが入った財布ごと抜き取られてしまう被害が、発生しています。
上着やカバンは、常に目の届くところに置くよう心掛けてください。また、カードの入ったお財布は、身につけることをおすすめいたします。

海外旅行中の盗難

とくに海外の旅先では、ズボンの後ろポケットや口のあいたバックに、お財布を入れないようにしてください。
お買い物や観光の最中も周囲に目を配り、注意するようにしてください。空港やホテルのロビーなど人の多いところでは、荷物を手離さないようにしてください。

繁華街等で酔っ払っている人を狙う犯罪

巧みな言葉でバー・クラブ等の店内に誘い込み、強いお酒や、薬物入りのお酒で泥酔状態にしたすきに、カードを不正に使用する手口が多発しています。繁華街等での遊興時には、十分に注意してください。

偽造カードによる不正使用

スキマーと呼ばれる、カードの磁気情報を盗み取る装置などを利用して、一瞬にして、カードの磁気情報を盗み取る手口をスキミングと言います。盗んだカード情報をもとに偽造カードを作り、不正使用する手口です。
スリなどではカードそのものがなくなるので気がつくことでも、スキミングなどではカードが手元にあるため発覚が遅れるので気づかないため、売上げ明細を確認し、身に覚えのない売上げがないか?など気をつけてください。

風俗店等でのスキミング

一部の悪質な風俗店等において、貴重品を脱衣かごに入れている間に、一時的にカードを抜き取られてスキミングされ、元に戻されるケースがございます。
その後、偽造カードが作られ、当該偽造カードで悪用被害が発生する手口です。
カード自体はお客さまのお手元にあるため、発覚が遅れます。

ゴルフ場、温浴施設などでのスキミング

ゴルフ場、温浴施設等で、暗証番号鍵式の貴重品ロッカーからカード情報を盗み取る手口です。
暗証番号鍵式の貴重品ロッカーにおいて、暗証番号を小型カメラで盗撮し、コースを回っている間や、施設利用中に、貴重品ロッカーを解錠し、中の財布等からカード情報を盗み取る手口で、カード自体はお手元にあるため発覚が遅れます。

インターネットでのカードの不正使用

フィッシング詐欺

フィッシング(Phishing)とは、カード会社や銀行やインターネット企業などを装いEメールを送信し、「重要なお知らせ」などと巧妙な文章で偽りのWEBサイトに誘導し、クレジットカード番号・有効期限や暗証番号・氏名・住所などの個人情報を搾取する手口です。偽りのホームページは、本物のホームページと同じデザインになっている場合が多く、見た目での判断は困難です。
Eメールでお客さまのカード番号や暗証番号等の個人情報をお問合せすることはありません。

スパイウェア

スパイウェアとは、パソコンの所有者に気づかれないうちにパソコンに不正ソフトがインストールされ、入力した個人情報を勝手に第三者に送信されてしまう手口です。

なりすまし

なりすましとは、第三者が他人のIDやパスワードを盗み取り、その人になりすましてインターネット上でショッピングなどを行い、商品やサービスの提供を受けたりする手口です。しばらくたって、会員の方に請求がくるケースがあります。

このページの先頭へ