システム開発部

何をどのように相手に伝えるかを深く考え、
資料作成に費やした時間は、今後のシステム開発案件で役立つものと考えています。

Ogura Shinnosuke小倉 慎之祐
システム開発部
2016年入社
教育学部・総合社会システム専攻 出身

あなたの職種と、
仕事内容を教えてください。

3つのシステムに関する業務に携わっています。ひとつ目は、アプラス社内システムが保有する情報を集約する情報系システム、2つ目は契約している加盟店の審査システム、そして3つ目は、顧客情報を伝送するCIC外信登録接続システムです。利益拡大や業務効率化を目的とした新規機能の開発や、想定外事象発生時の対応が主な仕事内容です。ユーザ部の業務ニーズを把握することから始まり、それをシステムで実現するための方式を整理し、委託先会社と共同でシステムを開発します。

仕事を通じて成長できたと感じる
エピソードを教えてください。

割賦販売法の改正に伴い、加盟店審査システムのシステム改修を実施しました。システム開発に係る全行程を経験したことで、知識を習得することができました。さらにそこで、ステークホルダーとの円滑な調整手段を学ぶことができました。また、何をどのように相手に伝えるかを深く考え、資料作成に費やした時間は、今後のシステム開発案件での工程遂行に役立つものであると考えています。

この会社のここが好き!なところを
教えてください。

上司・部下問わず「何でも言い合える環境」が整っています。「分からないことがあれば、分かる人に聞いて解決する」ことが実践しやすい職場であると思います。

Q & A

もっと詳しく!

Q1.どんな学生時代を過ごしたか教えてください。

硬式野球部に所属し、4年間野球漬けの毎日を過ごしました。学業では、教育学を学び、高校・中学校の社会の教員免許を取得しました。

Q2.入社動機を教えてください。

金融業界、特にクレジットカードに興味があり、入社面接に臨みました。

Q3.仕事で一番うれしかったことと、辛かったことを教えてください。

うれしかったことは、ニーズ通りのシステム開発が完了し、ユーザから感謝の言葉をいただいたことです。辛かったことは、確認不足でスケジュール通りに開発が進まなかったことです。常に想定外事象の発生を防ぐために、念入りに資料を読み込むことが重要であると実感しています。

Q4.職場の雰囲気について教えてください。

メンバー全員がタスク完了・課題解決に向け、日々邁進しています。業務量は多いですが、報告・連絡・相談しやすい環境です。

Q5.今後の夢や目標について教えてください。

マネージャーとしてプロジェクトを管理することができる力を身に着けることです。

Schedule

1日の仕事の流れ

9:00
メールチェック。
10:00
打合わせ(ユーザ部・開発ベンダーとの打合わせが主です。)。
12:00
昼食(休憩)。
13:00
資料作成・確認(開発に伴う設計やリリースにおける資料を確認します。)。
19:00
退社。

就活生の方に向けて

反省は必要ですが、過去を振り返らず、前向きに取組むことが大切です。