1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 行動計画 (女性活躍推進法)

行動計画(女性活躍推進法)

新生銀行グループ各社は、女性活躍を更に推進するため、2016年に施行された女性活躍推進法に基づき、以下の行動計画を策定しています。
また、2018年にはグループ女性活躍推進委員会を設置し、女性の成長を支援する取り組みを開始いたしました。 引き続き当グループは、すべての従業員の能力を最大限引き出し、その力を思う存分発揮する環境づくりを行ってまいります。

  • 1.計画期間  2019年4月1日~2022年3月31日
  • 2.当社の課題
    • (1)一部の採用コースにて女性の採用比率が低い
    • (2)一部の採用コースにて男性の継続勤続年数に比べ女性の勤続年数がやや短い
    • (3)管理職(課長級以上)に占める女性の割合が少ない
  • 3.目標
    • (1)女性の採用比率を40%以上にする
    • (2)女性の継続勤続年数を男性の80%以上にする
    • (3)管理職(課長級以上)に占める女性割合を18%以上にする
  • 4.取組内容と実施時期
    • 取組1 女性社員の積極採用を図る

      2019年4月~  採用分野を営業中心から全業務に拡大

    • 取組2 育児支援制度・年休制度の見直しを図る

      2019年4月
      育児勤務の変更回数制限の撤廃
      時間単位年休制度の導入
      ライフサポート休職制度の導入
      2019年4月~
      シフト制・休日出勤・時短勤務者の負担軽減策の検討
    • 取組3 女性社員のキャリアアップ・育成の仕組みの見直し・定着

      2019年4月~
      新生銀行グループの女性活躍推進活動を通して、管理職候補
      育成や女性活躍を推進するための研修等、環境整備
このページの先頭へ